効果テキメン!?イソフラボンの美容の可能性に大注目♡

      2016/12/16

aa479b093eb73dc678b53be5147f1d7e_sイソフラボンの効果を知ってビビった!!

イソフラボンって一度は聞いたことありますよね?そんなイソフラボンは女性が積極的に摂取したい栄養素の一つで、老化防止、ガンやメタボ効果まで様々な効果に期待できて、実は男性にも積極的にとってもらいたい栄養素なのです。

また、イソフラボンは天然成分なので、肌に優しくスキンケア用品として用いられることが多いです。特に保湿力が高く、乾燥を防いでくれるんですよ!

今回はそんなイソフラボンについて詳しくご紹介します!

イソフラボンって?

イソフラボンというと、心配な更年期障害や骨の密度が薄くて骨折しやすくなる骨粗しょう症など女性の悩みに効果があるイメージですが、それ以外にもいろんな効果があることを知っていますか?

詳しい説明をすると、イソフラボンはポリフェノールの一種で、ワインとかを連想されるかもしれませんが、実はマメ科の植物に多く含まれています。

なかでも、私たちがよく食べるものでいうと大豆に含まれている大豆イソフラボン。豆腐、味噌、醤油に含まれています。

大豆一粒に含まれるイソフラボンの量って気になりますよね。調査したところ一粒の大豆に含まれる大豆イソフラボンはほんのわずかだそうです。泣

でも、胚芽に含まれるイソフラボンは非常に優れた機能を持っているそうです。というのも、生命の源であり、大豆の成長を支える大切な部分だからです。

普段何気なく食べている大豆イソフラボンの可能性と効果について詳しく解説したいと思います。

女性に嬉しい!植物性エストロゲン!

女性は加齢によってエストロゲンなどの女性ホルモンが減り、結果として体の不調に繋がります。そこで活躍してくれるのが「植物性エストロゲン」と言われる大豆イソフラボン。エストロゲンと似た働きをしてくれるのですね。

しかも、摂取しすぎても副作用がないというのが最大の特徴です。足りない時だけ必要に応じて働いてくれるので安心ですね♪

イソフラボンに期待できる効果!

男性ホルモンを抑え、ムダ毛抑制!

男性ホルモンが強いと身体のムダ毛は濃くなり、髪の毛は薄くなります。一方、女性ホルモンが強いと身体のムダ毛が薄くなり、髪の毛が濃くなります。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをするので、男性ホルモンを抑制し女性ホルモンを増加させるので、ムダ毛が生えにくくなります。

バストアップ!

胸のハリはエストロゲンの減少が関係していて、バストアップに欠かせないのが乳腺の発達です。エストロゲンは、この乳腺の発達に必要なのです。

生理不順改善

どうしても規則正しい生活、睡眠などってむずかしいですよね。でも、それが原因で生理不順で悩んでいませんか?

イソフラボンは女性ホルモンを整える働きもあるので、生理不順も改善される効果に期待できます。

その他の効果

冒頭でもお伝えした、骨粗しょう症、更年期障害、ガンといったこれらの症状もイソフラボンによるホルモンバランスの改善によって予防ができます。

また、メタボリックシンドロームに対しては、悪玉コレステロールや動脈硬化を防いでくれます。さらに、中性脂肪を抑え、血管をしなやかにするので、生活習慣病の予防にもなります。

これまで様々な効果についてご紹介してきましたが、上でお伝えしたようにイソフラボンは副作用もないので積極的に摂りたいところですが、何事もバランスです。しっかりと食事と運動をし、プラスαくらいの気持ちで摂取しましょう。

1日のイソフラボン摂取目安量

イソフラボンの1日の食品から摂取する理想の量は 70~75㎎とのことです。そして、1日の食品に加えてサプリメントなど摂取する理想量は、30㎎だそうです。

納豆1パックは、まさに理想量そのものなので毎日摂取すると良いでしょう。

豆乳は200mlのコップで2杯くらいが目安です。

お豆腐が一丁まで行くと摂りすぎるので半丁くらいがちょうどいいのかもしれません。

最後にまとめ

体にいいことは確かですが、何事もバランスです。男女ともに有効な成分であることがわかっていただけたと思います。

ムダ毛に悩んでいるのであれば、ムダ毛を抑えることも含めて一石五鳥くらいの効果が期待できますね♪

毎日の食事に少しプラスして、身体も健康的に保てるのでバランスよく積極的に取り入れましょう。

 

 - 産毛 , , , ,